行楽・イベントレシピ

七草がゆ

電子レンジで作った温泉たまごをトッピングして、七草がゆをひと工夫。

  • 調理時間
  • 40分
  • エネルギー
  • 228kcal (1人分)
  • 食塩相当量
  • 0.7g (1人分)

●計量の基本は、1カップ=200ml、大さじ1=15ml、小さじ1=5mlです。
●各材料の( )内は、量のめやすです。

印刷する

無添加だし こんぶ   
七草がゆ

材料:2人分

  • 75g(1/2合)
  • └水 450ml(2・1/4カップ)
  • 2個
  • 春の七草(合わせたもの)※1 50g
  • 無添加だし こんぶ 3g(1/2袋)
  • うす口しょうゆ 小さじ1/2
  • 刻みのり 適量
下ごしらえ
  1. <温泉たまごの作り方>
    小さめの耐熱容器に卵1個を割り入れ、かぶる位の水(50ml程度)を入れる。
  2.       
  3. 黄身に竹串で4~5ヶ所穴をあける。(ポイント写真①)
  4.       
  5. ラップをかけずに電子レンジで約50秒加熱し(※2)、水を捨てる。(ポイント写真②)同様にしてもう1個も作る。
  6.       
作り方
  1. 米は洗って土鍋などに入れ、分量の水を加えて中火にかける。煮立ったら底から混ぜ合わせて、少しずらしてフタをして30~40分弱火で炊く。
  2.       
  3. すずなは根と葉を切り分けて、根はうす切りにし、すずしろはうす切りにする。すずなの葉、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざは細かく刻む。(※1)
  4.       
  5. ①が炊ければ、無添加だしと②を加えて混ぜ合わせて煮る。野菜にサッと火が通れば、うす口しょうゆで味をととえて火を止める。
  6.       
  7. 茶碗に盛り、温泉たまごと刻みのりをのせる。
  8.       
ポイント
  • 七草がゆ ポイント写真1
  • 七草がゆ ポイント写真2
※1
      
せり(芹)、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな(蕪)、すずしろ(大根)の7種を春の七草といいます。
      
※2
      
電子レンジの加熱時間は500Wを基準としています。レンジの種類・W数に合わせて加熱時間を加減してください。
      
      
1月7日の朝、1年の無病息災を願って食べられる「春の七草粥」。お正月で疲れた胃腸を整えるといわれています。
      

旬の食材レシピ一覧へ

レシピを探す

商品紹介

商品裏面レシピ