行楽・イベントレシピ

アボカドのショーフロワ

冷たいソースで華麗にコーティングするフランス料理の「ショーフロワ」をご家庭で。くり抜いたアボカドにまぐろを詰めて「だしマヨソース」で仕上げます。

  • 調理時間
  • 25分
  • エネルギー
  • 210kcal (1人分)
  • 食塩相当量
  • 0.8g (1人分)

●計量の基本は、1カップ=200ml、大さじ1=15ml、小さじ1=5mlです。
●各材料の( )内は、量のめやすです。

印刷する

無添加だし いりこ   
アボカドのショーフロワ

材料:4人分

  • アボカド 2個
  • └レモン汁 小さじ1
  • ■まぐろのタルタル
  •  ・まぐろ(赤身・刺身用) 80g
  •  ・玉ねぎ(みじん切り) 20g
  •  【A】
  •   ・無添加だし いりこ 6g(1袋)
  •   ・しょうゆ 小さじ1
  •   ・すりごま(白) 小さじ1/2
  • ■ショーフロワソース
  •  ・粉ゼラチン 1.5g(小さじ1/2)
  •   └水 大さじ2
  •  【B】
  •   ・無添加だし いりこ 3g(1/2袋)
  •   ・マヨネーズ 大さじ2
  •   ・水 大さじ1
  • 赤パプリカ(飾り用) 少量
下ごしらえ
  1. <アボカドの下ごしらえ>
    アボカドは包丁でタテにぐるりと切り込みを入れ、両手で持ってねじるようにして2つに分ける。種に包丁の刃元を刺して種を少し回して取り除く。
  2.       
  3. アボカドの皮の内側7㎜位を残して、果肉をスプーンでくり抜いて、ケース状にする。くり抜いた果肉は刻んでおく。
  4.       
  5. アボカドの形を壊さないように気をつけながら、手で皮をむきとる。(ポイント写真①)
  6.       
  7. 皮がむけたら、それぞれの表面にレモン汁をぬりつけて変色しないようにする。
  8.       
作り方
  1. パプリカは5mm幅の帯状に切ってから斜めに5mm幅に切って菱形にし、これを20個作ってさっとゆでる。
  2.       
  3. まぐろは細かく刻み、くり抜いたアボカドの果肉とみじん切りの玉ねぎとともに、【A】を加えて混ぜる。これを4等分してアボカドのケースに詰め、詰めた方を下にしてバットなどに入れて、冷蔵庫で冷やす。
  4.       
  5. 耐熱ボウルに水大さじ2を入れ、粉ゼラチンをふり入れて戻す。これを電子レンジで約30秒加熱(※)して溶かす。
  6.       
  7. 【B】の材料をボウルに合わせ、③の溶かしたゼラチンを加えて混ぜ合わせて(ポイント写真②)、ショーフロワソースを作る。
  8.       
  9. ④のソースのボウルを氷水につけて混ぜながら冷やす。少しソースにとろみがついてきたら、冷やしておいた②のアボカドの表面にかけ、(ポイント写真③)すぐに飾り用のパプリカをのせる。
  10.       
ポイント
  • アボカドのショーフロワ ポイント写真1
  • アボカドのショーフロワ ポイント写真2
  • アボカドのショーフロワ ポイント写真3
※ 
      
電子レンジの加熱時間は500Wを基準としています。レンジの種類・W数に合わせて加熱時間を加減してください。
      
      
ショーフロワは、調理した材料にソースでコーティングして華やかで美しく仕上げた料理のこと。
マヨネーズ、生クリーム、ホワイトソースなどにゼラチンを加えて流れ落ちないようにし、野菜などで飾りをつけます。美しいだけでなく、時間が経っても乾燥せず、美味しさが保てます。
      

旬の食材レシピ一覧へ

レシピを探す

商品紹介

商品裏面レシピ